抹茶の製造(現在の抹茶の仕立てと抹茶製造)

仕立て

碾茶の荒茶を抹茶臼で挽けるように仕立て葉に加工する工程。

1、切断・・・碾茶荒茶を6番または7番の網で切断する。

2、廻し篩・・・切断した碾茶を廻し篩機で葉揃えする。

3、唐箕・・・葉揃えした碾茶を唐箕にかけて重たい茎、葉柄、葉脈をはずす。

4、乾燥機・・・唐箕をかけて碾茶を乾燥機で練り乾燥する。

5、選別機・・・選別機で藳屑、黄葉など選り屑を選別する。

以上の仕立て工程によって茶臼で挽くことができる、仕立て葉ができる。

抹茶挽き

仕立て葉を茶臼にかけて抹茶を挽く。現在の茶臼は石臼の直径が33センチ(尺一)で、1分間に50回転から60回転するものが標準。1台の臼で1時間に約40グラムの抹茶を挽くことができる。挽き上がった抹茶を挽くことができる。挽き上がった抹茶は60メッシュの抹茶篩い、抹茶の製品になる。