酸化ストレスを防ぐ

茶葉には抗酸化性のあるビタミンCやカテキン類などが豊富に含まれています。これらは、水やお湯によく溶けてお茶として飲むことによつて、手軽に体内に摂り入れることができます。よく知られているように、ビタミンCは、体タンパク質の約30%を占めるコラーゲンの生成に不可欠の栄養素であり、また生体組織を構成するタンパク質や脂質、炭水化物、さらにはDNAの過酸化を防ぎ、体内代謝や情報伝達の健全体を維持する上で、極めて重要な役割を果たしています。一方茶カテキン、特にEGCGは、少なくとも試験管内のいろいろな実験で、ビタミンCを上回る強い抗酸化性があることがわかっています。私達は、毎日空気中の酸化を体内に取り入れ、食事由来の食品成分を酸化的に代謝して、エネルギーに変えて生活していますが、精神的、肉体的に強いストレスを受けると、この酸素の一部は、活性酸素、フリーラジカルとなり、いわゆる、酸化ストレスを引き起こします。そして、がんや循環器系の疾患呼吸器系、消化器系の疾患などの、多くの病気の原因となります。この生体内で生じた活性酸素、呼吸器系、消化器系の疾患など、多くの病気の原因となります。この生体内で生じる活性酸素・フリーラジカルとすばやく反応して、無害にするのが、実はビタミンCや茶カテキンです。お茶、あるいは茶カテキンを1ヶ月連続して摂取した人の体内でのDNAの酸化成物8-OHdGが、それからを摂取する前の尿や血中の値に比べる低いことが証明され1日2回朝食及び夕食前に1週間摂取した22名のボランティアの血中LDLの抗酸化性は緑茶抽出物を摂取しなかった場合に比べて増加していることが明らかになっています。お茶にはリラックス作用があるといわれるテニアンが入っています。抗ストレス飲料としてのお茶を常日常から飲むことにより、生活習慣病の発生や老化を防ぎ心身ともに健康な状態が維持できるものと思われます。